緊急事態宣言後の勤務体制について

1月7 日に政府から発表されました緊急事態宣言を受け、今後の体制については、添付のとおりに対応致します。職場でのご周知をお願い致します。(2月7日まで)

① 出勤について
下記の症状に該当する場合は、出勤せず、職場長へ報告後、すぐにかかりつけの医者か保健所へご相談ください。また、同居する家族の中に、同様な症状が出ている場合にも出勤はお控えください。濃厚接触者と判断された場合や感染者等と濃厚な接触の疑いがある場合も同様です。(特別休暇扱い。コロナ関連連絡票で総務課へ連絡をお願い致します。) → 連絡票 ・ 休暇届

症状例:息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、発熱(37.5 度以上に限らず)、味覚障害等の諸症状がある場合

※ 新型コロナウイルスに感染した小学校等に通う子どもの世話をするために休暇を取得する場合(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金対応)の「特別休暇」の取扱いは、令和3 年3 月31 日まで延長されました。
助成金に対応する特別休暇を取得する場合、当該学校施設からの連絡された内容を休暇届に合わせて添付して下さい。

 

② 感染疑い等の報告及びPCR 検査について
上記症状に該当し、感染が疑われる状況となった場合は総務課へ連絡をお願い致します。その後の保健所とのやり取り、PCR 検査の有無、結果等も同様です。(コロナ関連連絡票に経過等を記録し、逐次総務課へ報告してください。)
→ 連絡票
PCR 検査の有無については、原則、保健所等の判断によります。なお、勤務体制上、保健所等の判断を待たずにPCR 検査の必要が発生した場合は、勤務体制の関係に応じて法人負担を検討致します。

③ 在宅勤務(テレワーク体制)について
地方公共団体からの要請などを踏まえ各地域の感染状況に応じて、時差出勤や在宅勤務(テレワーク)の利用についてご検討ください。
なお、在宅勤務の利用に当たっては、在宅勤務の基本的な取り扱いについて(令和2年4 月14 日)を参照してください。
在宅申請書
※リシテアに打刻を行う際に、在宅勤務を実施した日程の備考に在宅勤務と記載をしてください。

在宅勤務を行う職員には、各職場のPC を在宅勤務に対応(共有ドライブへのアクセス等)できるように、設定を行います。使用マニュアル、セキュリティガイドライン(職員ネット掲載予定)をご確認の上、在宅勤務ができる体制づくりにご協力をお願いいたします。
→ 情報セキュリティガイドライン ・ 接続マニュアル
なお、重篤化する可能性がある方は、在宅勤務の利用を含め今後の出勤体制について、職場長とご相談ください。
※ 重篤化する可能性のある方(妊娠している方、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方、等)

④ 不要不急の外出の自粛について
不要不急の外出や移動については、感染拡大予防のため自粛してください。
首都圏や関西圏等の感染拡大地域への出張については、真にやむを得ない緊急の要件を除き、当面見合わせください。また、感染拡大地域への私事による旅行等についても、当面の間、見合わせください。緊急かつやむを得ない事情により、これらの地域に向かう場合は、必ず事前に職場長へご報告ください。

⑤ 飲食店等での会食について
昨年末、忘年会等の会食につきまして、自粛をお願い致しましたが、引き続き、お控えいただきますようお願い致します。特に、政府からの自粛要請の中で酒類提供の飲食店等に関するものが厳しく出されております。また、南柏駅の駅前近郊の飲食店でのクラスターの発生も報告されておりますので、20 時以降は、厳にお控えいただきますようお願い致します。
なお、20 時までの飲食店等の利用については、感染対策が徹底した飲食店等の利用をお願い致します。

以上、各職場におかれましては、勤務体制の再考のご協力をお願いいたします。
この件についてのお問合せは、(研)総務部総務課(内線3124)までご連絡ください。
以上

1_R3.1.8緊急事態宣言を受けて2

 

 

感染が疑われる状況が発生した場合の対応について

新型コロナウィルスへの感染が疑われる状況が発生した場合、

対応フローの通りに進めていきます。

コロナ対策フロー

 

感染症発生時の対応フロー

 

 

まず、総務課までご一報をお願いいたします。

下記の連絡票に記載いただきまして、部門長に確認の上、総務課へご提出ください。

コロナ連絡票(ver0408)

②在宅勤務報告書

➀ 在宅勤務について

・在宅勤務の際には、添付の在宅勤務報告書をご記入の上、職場長へご提出ください。こちらの報告書は、週単位で各部署でまとめていただきまして、

総務課にご提出ください。

・リシテアに出勤の打刻を行う際に、在宅勤務された勤務日は備考に「在宅勤務」とご記入ください。

 

4-② 研)在宅勤務報告書

①休暇届

休暇届について

・特別休暇を取得する際には、添付の休暇届にご記入の上、職場長にご確認の後、人事課までご提出ください。

・3/31以前に特別休暇を取得された方につきましては、遡ってのご提出をお願いいたします。

・小学校休校等に伴う特別休暇を取得される際には、リシテアの打刻を行う

際には備考に下記のようにご記入ください

「〇〇:〇〇~〇〇:〇〇の〇時間分は特別休暇(子供の世話)」 (一日休暇された場合は、時間の部分の記載は必要ありません)

4-① 研)休暇届(コロナ改定版)

特別休暇簿(月単位)

(特別休暇の入力が多岐にわたる場合は、月単位の表をお使いください)