メンバーについて About Staff.


Recent Tweets

学園のさくらは満開です。

更新年月日:20160406

 印刷

大野 正英 センター長・室長・教授

 Profile

氏 名 大野 正英(OHNO, Masahide)
部 署 社会科学研究室 センター長・室長・教授
最終学歴 早稲田大学大学院経済学研究科 修士(経済学)
兼職名 麗澤大学教授
主な経歴
専攻分野 経済倫理学
研究テーマ コミュニティ、利他性の経済学

 Books

種類区分著書名等発行所発行年備考
著書 共著 『現代の倫理道徳Q&A』 モラロジー研究所 2011.06 モラロジー研究所道徳科学研究センター 編
著書 共著 『大学生のための道徳教科書<実践編>』(麗澤大学道徳科学教育センター) 麗澤大学出版会 2011.04
訳書 共著 『IT社会の情報倫理』 日本経済評論社 2001.08

 Products

●主要著作
共著 『廣池千九郎の思想と業績 モラロジーへの世界の評価』 岩佐信道/北川治男監修 2009年モラルサイエンス国際会議報告 (モラロジー研究所 2011年)
共著「道徳科学へのいざない」(麗澤大学道徳科学教育センター),2008年
論文 “Responsibility,”Happiness and Virtue Beyond East and West: Toward a New Global Responsibility eds. Bernice Lerner et al. (Tuttle Pub., Apr. 2012)
論文「経済倫理と経営倫理の接点-企業の社会的責任に関する問題提起」 (経済社会学会年報、第32号),2010年
論文「『第三の道の政治』の経済倫理学的意味」(経済社会学会年報 第24号),2002年
論文「経済学における利他性」(経済社会学会年報第22号),2000年

●『モラロジー研究』掲載文
『モラロジー研究』No.63 追悼 「永安幸正先生の思い出」 2009年2月
『モラロジー研究』No.44 報告 北京経営倫理国際会議報告-移行期経済の抱える倫理的問題- 1997年11月
『モラロジー研究』No.43 論説 ウィリアム・スマートの『一経済学者の反省』と廣池千九郎(1) 1997年4月
『モラロジー研究』No.28 研究ノート ドイツからの問い-鉢野正樹 著 『現代ドイツ経済思想の潮流』を読む- 1989年8月


 戻る