NEWS News list.


 平成28年度 「モラロジー研究発表会」(柏会場)を開催

D75_9673

2017年2月14日 Category : NEWS  モラロジー研究発表会


 平成29年1月28、29日の両日、廣池千九郎記念講堂(千葉県柏市)において第44回モラロジー研究発表会を開催。全国から116名が参加しました。

今年は、モラロジー研究所の創立者である廣池千九郎の生誕150年にあたることから、共通テーマとして「廣池千九郎が問うたもの」を取り上げました。

 28日は、廣池幹堂・モラロジー研究所理事長、大野正英・道徳科学研究センター長の挨拶に続き、研究センターの教授・研究員3名とモラロジー専攻塾の塾生1名が発表を行いました。

 29日は午前中に4名の教授・研究員が発表を行い、午後は、全体討論に続いて、「廣池千九郎が問うたもの-道徳教育への提言」と題して、北川治男モラロジー研究所副理事長が講演を行いました。

 今回は、各発表のねらいや内容の共有を図る手立てとして、①発表者数を絞り、一人の発表時間を長くする、②各発表者の資料に400字の要旨を掲載する、③質疑の最初に指定質問者を置く、などの新たな取り組みを行いました。
 
 




 戻る