NEWS News list.


 研究員の著作の紹介:『日常にいかす心理学 新版 心理学事始』が電子書籍で出版されました。

001560000400001_m

2016年10月14日 Category : NEWS  出版物


小山高正・道徳科学研究センター主任研究員による著書『日常にいかす心理学 新版 心理学事始』が電子書籍として刊行されました。以下は本書の紹介です。

本書の前身はアートアンドブレーン社から刊行された「心理学事始」(1991年)である。本書で新たに章を1つ増やし、現代を読み解く心理学という章を設けた。(「はじめに」より)

はじめに
目次
著者紹介
キーワード
第1章 性格と知能 自己とは何か 1
1. 性格ってなに ? 類型論と特性論
BOX 1. 血液型の話

2. やってみよう心理検査I Y – G性格検査
BOX 2. 性格の遺伝

3. やってみよう心理検査II P – Fスタディ
BOX 3. いろいろな投影法

4. 見通しから社会的知能へ 知能の進化
BOX 4. 知能の構造
BOX 5. 高齢者の知能

第2章 適応と不適応 他者とのつながりの中の自己
1. 心身症にならないために ストレスとのつきあい方
BOX 6. スポーツ心理学 – メンタルトレーニングとは
BOX 7. 交流分析

2. フラストレーションをためないために 欲求の葛藤
BOX 8. 無意識とは何か – 精神分析とは

3. 薬物中毒にならないために 依存症の心理と行動
BOX 9. 薬物依存を支える脳メカニズム

4. 見守る心, 支える心を養う カウンセリングマインド
BOX 10. 「新型うつ」がなぜ増えたのか

第3章 親子から仲間へ 自己世界の広がり
1. 安心を与える養育者であるために 親子関係と子どもの育ち
BOX 11. 「アタッチメント理論」はサル研究が支えた

2. ひとり遊びから協同遊びへ 遊びから広がる仲間関係
BOX 12. 自己の発達と自己コントロール

3. ひとり発話から対話へ コミュニケーション機能と言葉の発達
BOX 13. 発達の多様なかたちと親支援

4. 自己中心性から他者認識へ 自分とは違う「他者」を知るということ
BOX 14. 「心の理論」はチンパンジー研究から生まれた

第4章 社会と文化 集団の中で人間の本質を探る
1. みんなで渡れば怖くない ? 同調行動
BOX 15. キティ・ジェノヴィーズ事件

2. 流言に踊らされないために うわさとデマ
BOX 16. 関東大震災・朝鮮人虐殺事件

3. 命令に服する心, 抗する心 服従の心理
BOX 17. ベトナム戦争・ソンミ村虐殺事件

4. 混んだ電車での目のやり場は ? パーソナルスペース
BOX 18. かくれた次元

第5章 情報と認知 環境からどのように情報を取り入れて生活しているか考える
1. 錯覚とは何か ? 日常に見られる錯視
BOX 19. やってみようミュラー・リヤー錯視

2. 貯蔵庫としての脳の活用法 しっかりと記憶するためにはどうしたらよいか ?
BOX 20. やってみよう記憶術

3. ヒトはどのように学ぶのか 学習の心理学
BOX 21. やってみよう鏡映描写

4. 社会的認知とは まなざしと表情の心理
BOX 22. やってみよう表情認知

第6章 現代を読み解く心理学 現代社会の問題に心理学からアプローチ
1. どのように立ちなおるか 災害の心理
2. 被害者とならないために ストーカーの精神病理
3. 性の多様性を考えてみよう 「性別違和」とは
4. 判断の決定はどのようになされるか 裁判員の心理
奥付



Product

種類区分著書・論文名等研究員名/ProductPDF資料外部リンク
著書 共著 『日常にいかす心理学 新版 心理学事始』 小山 高正
PDF資料 販売サイトへ移動します


 戻る