NEWS News list.


 平成26年度 モラロジー研究発表会(大阪会場)を開催

IMG_9301

2015年2月20日 Category : NEWS  モラロジー研究発表会


テーマ「利他性を考える」

 

2月8日、モラロジー研究所大阪講堂において第42回の研究発表会を開催。京阪神を中心に九十名が参加しました。

発表会のテーマは柏会場と同じ「利他性を考える」で、各研究員がそれぞれの専門分野の視点に立って発表しました。

はじめに一般公募で選ばれた波部忠司氏(本部登録)が自分の体験談を交えながら、「三方よし」を実現する際において自己・相手・第三者の順序にとらわれることなく、結果として「三方よし」を実現する必要を訴えました。続いて研究センターの研究員が、道徳と利他性の言葉の意味、経営の利他性、環境倫理学と最高道徳の接点、利他性の心理学的考察、神道からのアプローチなど、日頃の研究成果を発表しました。

最後の全体討論では、発表に刺激された参加者から多くの意見が発せられました。特に利他性と人のつながりについて活発な議論が展開され、参加者は新しい気づきを得たようです。

発表後の感想として、「専門の研究成果とモラロジーの原理についてもっと深く知りたい」「利他性について二年目の発表なので聞きごたえがあった」などの意見がありました。




 戻る