NEWS News list.


 東京セッション プログラム
(テーマをクリックすると発表要旨が表示されます)


2007年11月15日 Category : NEWS  国際会議・シンポジウム


11月7日(水)
10:00-10:15
開会式
司会:高島 肇久(国連大学学長特別顧問)
挨拶:コンラッド・オスターワルダー(国連大学学長)
   松浦 晃一郎(ユネスコ事務局長)(ビデオ・メッセージ)
   青木 保(文化庁長官)
10:30-12:30
第1セッション「文化多様性への新しい賭け」
 モデレーター:青木 保(文化庁長官)
 1.「我々とは何か」
    松井 孝典(東京大学教授)
 2.「“普遍”から“通底”へ:新たなパラダイムへの新たな論理」
  服部 英二(道徳科学研究センター研究主幹)
 3.「物語化された倫理:ホメロス、アイスキュロス、広島」
    マイケル・パレンシア=ロス(イリノイ大学名誉教授)
   討 論
12:30-14:00
   昼 食
14:00-15:10
第2セッション「対話:文化間の架け橋として」
 モデレーター:カテリーナ・ステヌー(ユネスコ文化局文化政策部長)
 4.「文化の多様性と対話する文明の創出」
    ウェイ-ミン・トゥ(ハーバード大学教授)
 5.「『華厳経』に見る光明観と無限思想」
    森本 公誠(東大寺長老)
   討 論
15:10-15:30
   休 憩
15:30-17:30
6.「カナート掘りとタウヒード 歴史と未来」
    板垣 雄三(東京大学名誉教授)
 7.「北方アジアの遊牧勢力の歴史と人間の普遍性の複雑さ」
    ジャック・ルグラン(仏国立東洋言語・文明研究院院長)
 8.「西洋哲学における調和の観念」
    馮 俊(中国人民大学副学長)
   討 論
   レセプション
11月8日(木)
 9:30-10:50
 第3セッション「文化多様性の新しい倫理に向けて」
 モデレーター:ムフィダ・グーシャ(ユネスコ社会科学局哲学課長)
 9.「我々は、皆相互依存のネットワークの一員です」
    岩佐 信道(道徳科学研究センター長)
 10.「ゆるやかな精神の普遍主義を目指して」
    ジョン・ミラー(トロント大学教授)
   討 論
10:50-11:10
   休 憩
11:10-12:30
 11.「庭園:通底する価値の美的形態」
    川勝 平太(静岡文化芸術大学学長)
 12.「文化の多様性と通底の価値」
    伊東 俊太郎(東京大学名誉教授)
12:30-14:00
   昼 食
公開セッション
14:00-15:30
モデレーター:ハンス・ファン・ヒンケル(前国連大学学長)
     金 泰昌(公共哲学共働研究所長)
     山脇 直司(東京大学教授)
     マイケル・パレンシア-ロス(イリノイ大学名誉教授)
     馮 俊(中国人民大学副学長)
     ジョン・ミラー(トロント大学教授)
     森本 公誠(東大寺長老)
   討 論
15:30-16:00
   休 憩
16:00-17:30
公開セッション
モデレーター:高島 肇久(国連大学学長特別顧問)
     伊東 俊太郎(東京大学名誉教授)
     川勝 平太(静岡文化芸術大学学長)
     ブーバン・シャンデル(インド哲学学会副会長)
     ウェイ-ミン・トゥ(ハーバード大学教授)
     板垣 雄三(東京大学名誉教授)
     服部 英二(道徳科学研究センター研究主幹)
閉 会   シンポジウム・コーディネーター:服部英二



 戻る